メニュー メニュー閉じる

WORKS 導入事例紹介

日光ケミカルズ 株式会社 様

仕様

新社屋移転に伴い、目玉となるショールームの企画でデジタルサイネージやショールームのデザインをご提案させていただきました。
もともとのショールームよりも更に来場者が体感できるスペースを必要としていたため、コンセプトは「体験型ショールーム」。
企業の来場者への一方向なショールームの概念を覆し、そして女性でも体験できるようなアプローチで展示物をよりお客様が体感できる双方向のスペースをご提案させていただきました。
訴求する製品がケミカルなものであり、より鮮明な画質と明るさ、マルチディスプレイにした時のベゼルがコンテンツをできる限り邪魔しないデザインや、WEBカタログをストレス無く閲覧するために、使用・操作性が高いタッチディスプレイの選定、サイネージスタンドもショールーム全体の居心地のいい空間を阻害しないよう木目のスタンドを使用しました。
プロテラスだからこそロケーションやお客様の課題解決に合わせた製品選定を提案し導入させていただきました。
サイネージコンテンツ映像も弊社で制作させていただいております。
また、お客様が化粧品の原材料メーカーということで、より普段の生活に近いシチュエーションで原材料を見ていただきたいという点からサイネージ横の棚什器には検査照明として使用されるLuci社製(弊社グループ会社)の「ルーチ・パワーフレックス スペクトC」を使用しております。
時間を気にせず、展示品を見て、触れて、感じていただける狙い通りの自然に囲まれたショールーム空間となり、普段仕事をする時はリラックスして仕事ができ、来社されるお客様からも好評をいただいております。

PAGETOP