BLOG

公開日:

デジタルサイネージ導入によるメリットや効果的な導入方法を解説

デジタルサイネージ導入のメリット

デジタルサイネージを導入することには、導入する企業だけでなく利用者にとってもメリットがあり、運用・コスト面においても多くのメリットがあります。

今回はデジタルサイネージを導入することのメリットについて、利用者・企業・運用(コスト)面の3つの観点から紹介します。

利用者にとってのメリット

デジタルサイネージの導入は利用者にもメリットがあります。情報の取得という点だけでなく、サービスを提供される立場としても多くの恩恵を得ることができます。

以下では、利用者にどのようなメリットがあるかを紹介します。

視認性が高い

デジタルサイネージに用いられる液晶ディスプレイやLEDビジョンは外部からの光源を必要とせずに自ら光を発することができます。

そのため視認性が高く、利用者は屋内・屋外や昼夜間など場所や時間を問わずに情報を取得することができます。

また、配信するコンテンツに動画や音声を使用することで、従来の看板やポスターなどといった紙媒体の広告よりも簡単に情報を理解することができます。

リアルタイムでの情報取得

デジタルサイネージはクラウド型のシステムを使用しているものがあり、ネットワークを介して情報を配信しているため遠隔操作で配信内容を即時変更することができます。

ニュースや天気予報、交通情報などの即時性・速報性が求められるものや災害情報のような緊急性のある情報との親和性が高く、利用者は必要な情報を常に最新の状態で把握することができます。

参加型の体験ができる

一部のデジタルサイネージにはタッチパネル機能やセンサーによるジェスチャー認識の技術を備えているものがあり、配信コンテンツと対話をするような形で情報を取得することができます。

対話型のコミュニケーションが可能なことにより、顧客は効果的な情報の取得や商品・サービスの比較検討を簡単に行うことができます。

また、動画や音楽、ゲームなどのエンターテインメント要素のあるコンテンツとの親和性も高く、デジタルサイネージを介することによって深い参加型の体験をすることができます。

企業にとってのメリット

デジタルサイネージを導入することは企業にとっても多くのメリットがあります。マーケティングやブランディングという観点でも重要な要素であり、販売促進や広告効果という面でも複数のメリットがあります。以下では、企業がデジタルサイネージを導入することのメリットについて紹介します。

売上・宣伝効果の向上

デジタルサイネージを使用して商品やサービスの特徴や利点を強調した効果的な宣伝を行うことで利用者の購買意欲を促進し、売上の向上や顧客獲得に繋がります。

また、従来の看板やポスターなどの紙媒体の広告と比較してもデジタルサイネージは視認性が高いため、商品やサービスの魅力をより鮮明に伝達することができることから宣伝効果の向上にも期待が持てます。

ブランドイメージの向上

デジタルサイネージを用いた空間の演出やコンテンツ配信によって、企業の認知度向上やブランドイメージの定着に期待が持てます。デジタルサイネージは視認性が高くユーザーの目にも止まりやすいため、企業として認知してもらうという目的に適しています。

また、店舗やオフィス内外の空間デザインに使用することで先進的なイメージを構築でき、最新の技術を使用することによって競争力の強化や競合他社との差別化も可能となります。

リアルタイムでの情報提供

デジタルサイネージはネットワークを介してリアルタイムで情報を更新することができるため、最新情報や新製品などの情報を即時提供することができます。また、クラウド型の配信システムもあるためインターネット環境下であれば遠隔操作で情報のアップデートや急遽の内容変更にも対応でき、発信したい情報をより早く正確に伝達することができます。

運用・コスト面においてのメリット

デジタルサイネージの導入は、運用・コスト面でも多くのメリットがあります。

以下では、運用・コスト面でのメリットについて紹介します。

設置の自由度が高い

従来の看板やポスターなどの紙媒体の広告では情報の配信内容や広告の設置場所が限定されてしまいますが、デジタルサイネージでは複数の動画や写真を同じディスプレイ・モニターで切り替えることができ、ディスプレイやモニターの大きさで発信できる情報量が変化しないため、場所の広さや屋内外などの条件に左右されずに設置することができます。

また、設置の自由度も高く、壁面型やスタンド型など幅広い種類の中から設置方法を選択できます。

情報配信の自動化による人員削減

デジタルサイネージで配信するコンテンツは事前にスケジュールを組むことによって配信の自動化ができるため、無人でのコンテンツ配信が可能となります。また、インターネット環境下にあればPCから配信したい情報の変更が可能なことからも、運用に携わる人員を削減することができます。

長期的なコスト削減/印刷コストの削減

デジタルサイネージの導入には初期投資が必要ですが、配信コンテンツは主に静止画や動画などのデジタルデータを使用するため、紙媒体の広告で発生する印刷コストを削減することができます。大規模な広告や頻繁に更新が必要なコンテンツであればコスト削減の効果はより顕著に現れます。また、紙媒体の広告で発生する定期的な印刷コストや運用に携わる人員の削減などにより、長期的なコスト削減が期待できます。

環境負荷の削減

紙媒体の広告からデジタルサイネージに切り替えることによって印刷物の使用量が削減されるため、印刷物の廃棄処理コストの削減や環境への負荷の低減が実現されます。

さらに、デジタルサイネージは省エネルギーでの運用が可能なため、エネルギー消費量も削減することができます。

デジタルサイネージ導入のデメリット

デジタルサイネージを導入することは多くのメリットがある反面、いくつかのデメリットも存在します。以下では、デジタルサイネージ導入のデメリットについて解説します。

初期費用、運用費用、ランニングコストがかかる

デジタルサイネージ導入にはディスプレイやモニター、内部システムの購入や設置費用などが発生するため、初期費用が高額になる傾向にあります。また、配信コンテンツの制作やシステム管理などの運用費用や電気料金や通信費といったランニングコスト、故障やトラブルを未然に防ぐためのメンテナンス費用やシステムの維持費などが発生します。

停電や通信異常によるトラブルが起きる

デジタルサイネージは複数の電子機器を用いており、電力を使用して運用しているため停電などのトラブルによって電力の供給がなくなってしまうと広告媒体として機能しなくなってしまいます。また、通信障害が発生してしまうとインターネットを介してのコンテンツ更新やスケジュール管理ができなくなってしまうため、外的要因によるトラブルが発生してしまうというリスクがあります。

定期的な情報更新が必要

デジタルサイネージを導入しても、設置してから同じコンテンツだけを配信し続けてしまうと広告としての効果がなくなってしまいます。そのため、コンテンツを定期的に更新することを継続して行う必要があります。

設置場所などの環境を整備する必要がある

極度に明るい場所や外部の光源が強すぎる場所、電力供給元・通信環境などの設置環境が整備されていない場所では、設置してもデジタルサイネージとしての機能や効果を十分に発揮できない可能性があります。

そのため、事前に設置したい場所の調査を入念に行い、電力供給元や通信環境などの設備環境を整備する必要があります。

デジタルサイネージの効果的な導入方法

デジタルサイネージの導入には多くのメリットや効果があるため、活用・導入方法次第でデジタルサイネージをより効果的なものにすることが可能となります。

以下では、デジタルサイネージのメリットを活用した効果的な導入方法について紹介します。

視覚的な訴求力を活用する

デジタルサイネージは動画や音声を使用することができるため、紙媒体の広告と比較してもユーザーの目に止まりやすく、情報の強い訴求が可能となります。

配信するコンテンツに鮮明な色彩や映像、音声などを使用することによって広告としてより効果的なものになり、顧客の購買行動促進や顧客獲得に繋がります。

例えば、店舗の期間限定キャンペーンや売り出したい新商品の宣伝を発信することによって、顧客の獲得や販売促進の効果に期待することができます。

曜日や時間帯にあわせたコンテンツを配信する

デジタルサイネージは曜日や時間帯に応じて配信するコンテンツを変更できるようにスケジュールを組むことができます。そのため、曜日や時間帯に合わせたターゲティングを行い、それに合わせた情報を発信することで情報の訴求力向上や新規顧客の獲得などの効果に期待できます。

業務の効率化に繋げる

配信コンテンツ更新の自動化や情報配信のために必要な運用スタッフを削減できる点を活かすことで、デジタルサイネージの導入による業務の効率化を実現することができます。コンテンツ更新や運用に携わる人員を削減できることによって他業務に携わる人員を増やすことができるため、全体としての業務時間短縮・効率化も可能となります。

ロケーションとしての価値を向上させる

デジタルサイネージを使用した空間を演出・提供することによって、設置場所に新しく価値を付与することができます。

デジタルサイネージには屋外用・屋内用として使用できるものもあるため、場所の屋内外を問わず価値を付与することができます。場所そのものの価値を向上することができるため、集客・販売促進効果や新規顧客の獲得にも期待できます。

自治体がデジタルサイネージを導入するメリット

企業や店舗だけでなく、各県や市区町村などの自治体にとってもデジタルサイネージを導入するメリットは多数あります。以下では、自治体がデジタルサイネージを導入することのメリットについて紹介します。

観光案内の強化

デジタルサイネージは視認性が高いため、各県や市区町村にある観光地や名所、イベント情報を効果的に配信することができます。また、多言語対応のコンテンツを提供することによって外国人観光客への対応も可能であり、観光客の利便性や観光地としてのサービスの向上を実現することができます。

住民サービスの向上

公共サービスの案内や行政手続きの方法などの情報を配信することによって住民の利便性が向上します。

診療所や役場などの利用案内やバス・電車の時刻表としてデジタルサイネージを導入することによって利用者の利便性が向上し、導入した自治体では業務の効率化や人員削減につながるというメリットがあります。

地域活性化への貢献

自治体が戦略的にデジタルサイネージを活用することで地域活性化につながります。

例えば地域の特産品や観光情報を魅力的に紹介することで、観光客の増加につながります。ほかにも地域のイベント情報を発信することで住民の参加を促進することもできるため、総じて地域全体の活性化を促進することができます。

防災・安全面の向上

デジタルサイネージはリアルタイムで情報を配信することができるため、災害時の防災対策の一部としても活用することができます。また、不審者情報や犯罪発生件数の増減などといった防犯情報の発信を行うことで安全面での対策も行うことができ、治安の維持・向上に繋がる可能性があります。

まとめ

デジタルサイネージの導入は初期費用や環境整備の必要性などのデメリットがありますが、それ以上に多数のメリットがあります。

企業や店舗・自治体にとっては様々なコストの削減や情報発信の強化が可能であり、利用者にとっては視認性の高さや素早い情報の受信が可能であるため、双方にメリットや効果が存在しています。

また、企業や店舗・自治体はデジタルサイネージのメリットや効果を活用した導入を行うことによって利用者に対してより効果的な訴求をすることができるため、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

クラウド

コスト

デジタルサイネージ

メリット

企業

広告

自治体

配信

無料カタログ請求

製品・サービス資料ダウンロード

多彩なラインナップで業界ダントツの設置実績を誇る株式会社プロテラスの製品・サービスのカタログ・パンフレットをダウンロードいただけます。