デジタルサイネージとは

  • HOME
  • デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは

1

 

デジタルサイネージについての意味を解説

屋外広告や商業施設、駅、店頭や店内など、最近街の中のいたるところで良く目にするようになったディスプレイやLEDビジョンなどの電子的な表示器を使いネットワークを利用して映像や画像を配信するためのシステムです。

デジタルサイネージは英語で「Digital Signage」と表記し、Digital=デジタル(電子)、Signage=sign(サインや看板)+ age(集合)を意味します。


デジタル看板、電子看板のことを総称して「デジタルサイネージ」と呼びます。

今や、あらゆるジャンルの業態で「デジタルサイネージ」は導入されており街頭や駅ビルなどの屋外大型LEDビジョンをはじめとする、交通機関
商業施設や小売店舗、オフィス、ホテルなどにも様々な仕様のディスプレイやLEDビジョンなど広く普及されています。

情報内容は広告だけにとどまらず、あらゆるジャンルにフィットしたスタンダードなものからコミュニケーションツール
インタラクティブなものまで多種多様な情報やコンテンツで発信できるのも「デジタルサイネージ」の強みでもあり、急速に普及した理由の1つでもあります。

2

 

看板との違い

従来の看板や紙のポスター、ポップ、チラシと違いリアルタイムでの情発信ができ掲載できる情報量も豊富です。
今までのポスター、ポップ、チラシも編集してデータ化すれば配信することが可能です。

時間やコストも大幅に削減でき、尚且つ、ユーザーの欲しい情報をタイムリーに発信できるのが「デジタルサイネージ」の最大のメリットです。

また、ネットワークに接続することにより遠隔で配信コンテンツの更新ができ、配信日程や時間のスケジュール管理もできて大変便利です。

3

 

導入例

デジタルサイネージはさまざまなサイズやロケーション活用法で現在も拡大しております。


■ビル壁面やビル屋上での大型LEDビジョンは屋外広告として

■ロードサイドでの野立て電子看板は車誘導として

■飲食店や美容室など店頭のデジタルメニュー表示

■駅や電車、空港、バスなどの公共機関での運行状況の表示

■タクシーやバスなどの車内広告

■外国人観光客などへのインバウンド対応

■オフィスやエントランスなどの受付タッチパネル

■デパートやショッピングモールなどのフロアマップ用タッチパネル

■立体(壁や物体)を活かしたプロジェクションマップでの演出

■球体や曲面をLEDビジョンで表現したシンボリックな空間演出

■映画館やスーパー、アミューズメント施設による販促広告

■イベントや展示会などインタラクティブを活かしたコミュニケーションツールとして

■アプリやSNSと連携したクロスメディア演出

4

プロテラスのデジタルサイネージ

プロテラスのデジタルサイネージはワンストップサービスです。
大型LEDビジョンから多数ディスプレイまで、お客様のニーズに合わせて企画ご提案を行い、ロケーションやディスプレイの選定、施工設置
映像コンテンツ制作や運用サポートに至るまで、あらゆる業界や施設においてご満足いただけるデジタルサイネージ導入のお手伝いを一手にお引き受けいたします。

また、自社開発のクラウド型映像配信システム「DiSi CLOUD(ディージークラウド)」で、ID/PW管理でパソコンや場所を選ばず簡単にスケジュール再生ができます。
お客様所有のPCからWEBブラウザ内で、映像へのテキスト入力やスケジューリングを行い、パソコン1台であらゆる業種にフィットしたオリジナルコンテンツを配信することができます。